Bernd Kuchenbeiser Black White Type Things published by print gallery Tokyo

Bernd Kuchenbeiser
Black White Type Things
Newspaper leaflet

↓ details

Black  White  Type  Things
Bernd Kuchenbeiser

To purchase "Bernd Kuchenbeiser: Black White Type Things" leaflet
from overseas(outside Japan), we accept Paypal or E-mail order.
1500JPY (+ Shipping cost 800JPY)

Newspaper leaflet 320 x 480mm/offset, 20 pages with poster
Design: Bernd Kuchenbeiser with Christian Lange/Michaela Wonhöfer
Conception: Bernd Kuchenbeiser and print gallery Tokyo

Exhibition
2015.10.3 Saturday to 11.15 Sunday
Admission Free
15:00 to 20:00 Monday/Friday
13:30 to 20:00 Saturday/Sunday/Holiday
Closed Tuesday/Wednesday/Thursday

↓ 詳細

ブラック ホワイト タイプ シングス
ベルント・クーヘンバイザー

展覧会に併せて発行のベルント・クーヘンバイザー作品集
ブラック  ホワイト  タイプ  シングスは、下記Paypalボタンかオンラインストアよりご購入いただけます。
1500円(税込)+日本国内送料400円

新聞冊子 320 x 480mm/オフセット印刷/ポスター付20ページ/和英併記
コンセプト:ベルント・クーヘンバイザー/プリントギャラリー
デザイン:ベルント・クーヘンバイザー
書体:Antique/フランソワ・ラッポ

プリントギャラリー展示・販売
2015年10月3日(土) から11月15日(日)まで
入場無料

15:00 から 20:00  月金
13:30 から 20:00  土日祝
火水木 休み

> Bernd Kuchenbeiser website [en]> info at QuotationTAB  type.center  HITS PAPER  type.center  SendenKaigi > more info at artist Yutie Lee  Niggli Publisher FB [en]  Slanted Blog FB [en] 
Bernd Kuchenbeiser Newspaper Black White Type Things published by print gallery TokyoBernd Kuchenbeiser Newspaper Black White Type Things published by print gallery Tokyo

Bernd Kuchenbeiser is designer and author,
born in 1969 in Heidelberg. He studied music and communication design
in Heidelberg and Stuttgart. Since 1996, he has run his own
independent design studio in Munich. As a designer/visual “mediator”
who adds cultural value to contents, Kuchenbeiser has done
a range of cultural projects large and small —
music label ECM, Lars Müller Publishers and Goethe Institute
to individual projects with artists like renowned artist Katharina Gaenssler.
He has been awarded the “Best German Book Design” multiple times.

He has launched the website “A Good Book(www.agoodbook.de)”,
where he presents and discusses books that are outstanding in terms of
their contents, design and tactile quality. The “analog” updated
selection of this website was released in 2014 by Swiss publisher Niggli:
“61 books with black type on white cover”.

This exhibit presents mainly books that Kuchenbeiser has
worked on. In conjunction with this exhibition, a newspaper-like
booklet(with poster) entitled Black White Type Things has been
published by our print gallery.


“…In the case of the Fronzoni brochure, the customer was
a paper factory looking for a way to interest designers in its paper.
But paper is interchangeable: only when we find something valuable
printed on it can paper become desirable and perceived as something special.
So I proceeded from my own interests and took the opportunity to
design a little brochure on Fronzoni, because I was fascinated by his work
and curious to learn more about his designs, which were rarely published.
Ten thousand people shared this curiosity—that’s how many ordered
the brochure from the paper factory. My decision to have Fronzoni speak
for himself reflects the contents and meaning of the interview.
The result is a manifesto for Fronzoni’s way of thinking.

To speak of the designer as a curator seems fashionable nowadays
and it probably results from an inferiority complex that many designers feel
toward the world of art. In reality, however, it’s a tautology:
it has always been the designer who chooses, compiles and organises.
It makes up the core of his work and says nothing about an attitude —
it’s craftsmanship.

The same pertains to the ‘designer as author’ paradigm.
A good designer must recognize where contents have to be arranged to
make communication possible, where a new language has to be found
for a topic, literally and figuratively. If the point is to generate public interest
in something abstract, as with the project you mentioned above for
the Bavarian Building Authority, the design has to sort, illustrate, expand,
make things tactile, surprise, exaggerate, and so forth. That’s the ‘text’
I contribute as ‘author’. The Bavarian Building Authority ordered
a leaflet and received a newspaper. I would argue that this result was
implicit in the assignment itself and only had to be unveiled.
What the client really wanted was a functioning
communications vehicle, not a leaflet…”

ベルント・クーヘンバイザー(1969–)はハイデルベルクとシュツットガルトで
音楽とデザインを学び、1996年からは自身のデザインスタジオをミュンヘンに構える。
デザイナーを〈コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者〉と位置づけ
時に企画・編集・執筆まで携わることでも知られる。音楽レーベルECMや出版社ラース・ミュラー、
文化交流機関ゲーテインスティテュート、あるいはカタリーナ・ゲンスラーを始めとする
アーティストからの個人的な依頼まで、大小様々な主に文化関連の分野で幅広く活躍、
数度にわたり「ドイツの最も美しい本」を受賞している。

クライアントワークのほか、内容・デザイン、オブジェクトとしての質が際立った書籍を
公開・議論するための〈場〉として、ウェブサイト〈A Good Book(www.agoodbook)〉を
自主的に運営。2014年には、ウェブサイトのアナログ版アウトプットたる書籍
61 books with black type on white cover〉がスイスのニグリ出版から刊行された。

本展ではクーヘンバイザーが企画や編集、デザインをてがけた主に書籍を展示。
併せて初の作品集となる新聞形式のポスター付冊子〈ブラック ホワイト タイプ シングス〉を
プリントギャラリーより発行します。


〈……フロンツォーニのカタログを制作した時のクライアントは製紙会社で、
デザイナーに向けて自社の用紙に関心をもってもらうPR方法を探っていました。
でも、紙は何にでもなりうる媒体です。何か興味深いことがそこに印刷されている
と思った時にだけ、紙は望ましく何か特別なものだと意識されます。
というわけで、自分の興味からスタートしフロンツォーニの小さな作品集を
デザインする機会を手にしました。もともとフロンツォーニの作品には
とても魅かれていましたし、彼のデザインについてもっと知りたいという好奇心もありました。
しかもフロンツォーニのデザインについては滅多に出版されないですしね。
結果として私の好奇心は1万もの人に共有されました。1万人が製紙会社に冊子を
注文したというわけです。フロンツォーニに自由に語ってもらうよう決めたのは、
それがインタビューの内容と目的を反映していたからで、結果として
フロンツォーニの考え方が語られた《マニフェスト》になっています。

近頃《キュレーターとしてのデザイナー》像を語ることが流行っているようですが、
それは多くのデザイナーがアートの世界に対して抱く劣等感のあらわれでしょう。
ただ実際には、キュレーターとしてのデザイナー像というのはトートロジー(同義反復)であり、
そもそも選択し、編纂し、そして秩序を形づくるのがデザイナーなのです。
それがデザイナーの仕事の核で、姿勢だったり考え方などというものを語ったりはしない─
それこそクラフトマンシップ(職人気質)です。
同じことは《著者としてのデザイナー》像にもつながります。
優れたデザイナーなら意識すべきは、伝達を可能にするために内容をどう扱うか、
文字通りにでも比喩的にでも、ある事柄を扱うために新しい《言語》を見出せるか
ということです。さきほど話題になったバイエルン州建設公社の仕事のように、
抽象的なテーマについて一般の人々の関心を喚起することが目的だとします。
その時デザインがすべきことは、内容を分類し、解説し、展開すること、
感覚的に理解できるようにすること、そしてハッとさせ、強調することです。それこそ
デザイナーとしての私が《著者》として貢献できる《言葉》です。バイエルンの建設公社は
小冊子の制作を私に依頼しましたが、出来上がったのは新聞でした。
この結果は、そもそもこの仕事の内に潜在していた可能性が単にベールの後ろから
現れただけだと考えます。クライアントが本当に求めていたのは、うまく伝えるための
手段であって小冊子ではありません……〉

限定版ポスター ベルント・クーヘンバイザー Bernd Kuchenbeiser Limited Edition Poster

Limited Edition Poster
Black White Type Things

Planned by
Hiro Abe, print gallery Tokyo
Bernd Kuchenbeiser,
Atelier Bernd Kuchenbeiser

Bernd Kuchenbeiser Exhibition Black White Type Things at print gallery TokyoBernd Kuchenbeiser Exhibition Black White Type Things at print gallery Tokyo

Special thanks to
Katharina Gaenssler, Munich
Yutie Lee, Munich
Niggli Publisher, Zürich
ECM Record, Munich

> link to Katharina Gaenssler > link to Yutie Lee
Bernd Kuchenbeiser 61 books with black type on white coverBernd Kuchenbeiser 61 books with black type on white cover

Bernd Kuchenbeiser: 61 books with black type on white cover

Thanks for PR
Idea magazine, Seibundo Shinkosha
plus81 magazine, D.D.Wave
brain magazine, Senden Kaigi
Quotation magazine [web]
Slanted mag [web]
Type.Center [web]
HITS Paper [web]
Niggli Publisher [web]

Bernd Kuchenbeiser Exhibition Black White Type Things at print gallery TokyoBernd Kuchenbeiser Exhibition Black White Type Things at print gallery Tokyo