Exhibition Lee Lyeongsoo “Stray Birds: Letter Practice” at print gallery Tokyo

Lee Kyeongsoo Exhibition “Stray Birds: Letter Practice”
イ・ギョンス展 “迷い鳥たち:文字の練習”

↓ details

Just finished
Stray Birds: Letter Practice
Lee Kyeongsoo

Exhibition
2016.12.17 Saturday to 2017.1.29 Sunday
Admission Free

13:30 to 20:00 Saturday/Sunday/Holiday
15:00 to 20:00 Monday/Friday
Closed Tuesday/Wednesday/Thursday

Winter Holidays/Closed
2016. 12.30 Friday to 2017. 1.6 Friday

↓ 詳細

終了しました
迷い鳥たち:文字の練習
イ・ギョンス

プリントギャラリー展示
2016年12月17日(土) から 2017年1月29日(日)
入場無料

13:30 から 20:00  土日祝
15:00 から 20:00  月金
火水木 休み

冬季休業
2016年12月30日(金) から 2017年1月6日(金)は
展示は冬季閉廊につきお休みです。

> info at QUOTATIONRobundoDezagenBlogtype.centerBlouinArtInfo(en)type.center(kr)TAB > link to studio Workroom > link to Lee Kyeongsoo
Exhibition Lee Lyeongsoo “Stray Birds: Letter Practice” at print gallery Tokyo

stray birds: incendies
lee kyeongsoo
2016

Lee Kyeongsoo is a graphic designer from
Seoul, Korea. He studied Visual Communication Design
at Dankook University. In 2001, he began working
for Ahn graphics and established the independent design
studio Workroom in 2006. He now teaches typography
and editorial design.
After learning typography from Helmut Schmid at
Hongik University in 2006, steadily he has been
mastering typography using Hangeul and the Latin
alphabet and focuses on personal interest in
typography such as space between letters, paragraphs
and pages. In early 2016, he held a solo exhibition
of his works at Gallery Factory, Seoul.

In our exhibition, we exhibit the poster series “blow-up”,
which expand and framed the details of his past
“typographic problems”, togerher with his cooperator or
client’s comments on him or his works. In addition,
”bari abandoned” posters, on which the arrangement
of lyrics show singer’s breath, will be exhibited.

Inspired by a class given by typographer/designer
Helmut Schmid in 2006, Lee Kyeongsoo realized that
typography is a craft. At the same time,
he asked himself. Does “craftsmanship” makes
any sense in front of a monitor?

He looks back on the evolution of the typesetting
process, noting that while it previously required
the professional skills of craftsmen to compose letters,
 “current software programs now play the role of
the craftsperson”, so the connection between graphic
design and the word “crafts” sounds totally out of place.
However, he pays close attention to the details,
even those that no one else may ever notice, explaining
 “My work is different from the automatic adjustments
that draw on software”.
He adds that “recognizing this difference between
manual and automated typesetting” is crucial for graphic
designers and typographers, calling it “an essential
part of craftsmanship that a typographer needs to be
equipped with”.

韓国のソウルを拠点に活躍するデザイナー、イ・ギョンス
檀国大学で視覚コミュニケーションを学び、2001年より
アン・サンス率いるアングラフィクスに勤務。2006年にデザイナー、
写真家、編集者と共にデザインスタジオWorkroomを設立
美術館やギャラリーなど文化関連のデザインを数多く手がける傍ら、
タイポグラフィとエディトリアルデザインを教える。
2006年、弘益大学大学院でタイポグラファ、ヘルムート・シュミットに
タイポグラフィを学んだことをきっかけとして、ハングルと
アルファベットの融合、字間や余白について等、タイポグラフィの
細部についての考察を重ねてきた。2016年初頭にソウルの
Gallery Factoryで自身初の個展を開催。

本展では、過去10年の仕事で〈タイポグラフィ上の問題〉が生じた
細部を極端に拡大し、作品として成立させたポスター “blow-up” 14点を、
クライアント/共同制作者のコメントと共に展示 (日本語版冊子販売)、
併せて歌手の息遣いに着目して歌詞を構成したポスター
“bari abandoned”などを展示する。

2006年に弘益大学で受講したタイポグラファ、ヘルムート・
シュミットの授業に感化され、イ・ギョンスは〈手技/職人技としての
タイポグラフィ〉を見出す。が、同時にこうも自問する。
〈モニターを前にして職人技を唱えることに、果たして意味が
あるのだろうか〉。

たとえば活版時代に職人の技とされた文字を組む過程も、
現在では〈ソフトウエアのプログラムがその役目を果たしている〉。
そのため、グラフィックデザインと手技という言葉の関係を
云々するのは、もはや〈時代錯誤〉となった。しかし、イ・ギョンスは
自らの職務について〈ソフトウェアに組み込まれた自動調整機能が
私の仕事ではない〉として、他の誰一人気づくことのない
細部の調整であっても〈手動と自動調整機能による文字組の違いを
認識する〉ことは、グラフィックデザイナーやタイポグラファに
〈備わっているべき能力・職人技〉だと考えている。
本展では、そうした問題意識を踏まえ自主的に制作された
タイポグラフィ作品を中心に展示致します。

Exhibition Lee Lyeongsoo “Stray Birds: Letter Practice” at print gallery Tokyo Exhibition Lee Lyeongsoo “Stray Birds: Letter Practice” at print gallery Tokyo

Organized by print gallery Tokyo,
supported by Lee Kyeongsoo/Workroom, Seoul

Thanks to
Helmut Schmid, Osaka
Endo Kanban Shop

Exhibition Lee Lyeongsoo “Stray Birds: Letter Practice” at print gallery Tokyo

展示企画:
プリントギャラリー 東京
イ・ギョンス/ワークルーム, ソウル

協力:
ヘルムート・シュミット, 大阪
遠藤看板店