Regarding the postponement of
Takahiro Kurashima “moire motion emotion” [2020.4.2] 

The exhibition period has been extended to April 12 Sunday, but
will be postponed for the time being due to the spread of COVID-19.
We are considering the possibility of canceling the exhibition,
but we will be in contact if the exhibition opens again.

開催中の倉嶌隆広 “moire motion emotion”について
当面延期のお知らせ [2020.4.2]

会期を延長し4月12日(日曜)までとしておりましたが、
新型コロナウィルスの感染拡大を考慮し、本展を当面のところ休止・延期致します。
再開の折には改めてお知らせ致します。

Takahiro Kurashima Exhibition at print gallery Tokyo, 2020

Takahiro Kurashima:
prime number

↓ details

moiré motion emotion
Takahiro  Kurashima 

Exhibition
2020 3.14 Saturday to 29 Sunday
The exhibition period has been extended to 4.12 Sunday

temporarily closed

13:30 to 20:00  Saturday/Sunday 
15:00 to 20:00  Monday/Friday
Closed on Tuesday/Wednesdaz/Thursday

Reception and Short Lecture
2020 3.21 Saturday
18:00 to around 20:00

↓ 詳細

moiré motion emotion
モアレ モーション エモーション 
倉嶌隆広

プリントギャラリー展覧会
2020年3月14日(土) から29日(日) 
4月12日(日)まで延長しました

当面の間、臨時休業致します

13:30 から 20:00  土日祝
15:00 から 20:00  月金
火水木 休み

レセプションとトーク(倉嶌隆広)
2020年3月21日(土)
18:00から20:00まで

Takahiro Kurashima (1970 –) studied graphics design at
Musashino Art University, thereafter becoming an art director at
an advertising agency in Tokyo.

In the meantime, he has worked on various independent projects and
productions. One of the fruits of which is the book ‘Poemotion’,
issued by Swiss publisher Lars Müller that is now in its third volume.
When the reader overlays a film enclosed in a book on
the printed patterns, a virtual moiré emerges, vibrate and comes to life.
It is called ‘Poemotion’ because the titles accompanying each work
define the significances in motion as a piece of visual poetry.

He has recently provided works for installations and booklets by
the fashion brand Hermès and publications by the Exploratorium museum
in San Francisco/United States.
In addition to the ‘Poemotion’-themed printmaking works he has created
thus far, this exhibition will feature three-dimensional art works,
posters and new works printed with luminescent inks.

プリントギャラリーでは、倉嶌隆広の個展「moiré  motion  emotion 」を開催します。
倉嶌隆広(1970–)は武蔵野美術大学でグラフィックデザインを学んだ後、
東京の広告代理店でアートディレクターを務め、幅広くクライアントワークを手がています。

自主的な企画や制作も数多く、その成果の一つがスイスの出版社 Lars Müllerより
現在のところ3巻まで発行されている、視る詩集 Poemotion です。
読者が、印刷された抽象図形の上に付属のシートを重ねると、仮現的なモアレパターンが
出現し、動き出します。視る詩集とする所以は、作品に添えられた簡潔なタイトルが、
動きの変化を一編の視覚詩として規定するからです。

近年はファッションブランド、エルメスでのインスタレーションや冊子や、サンフランシスコの
科学博物館Exploratoriumの書籍に作品を提供するなど活動の幅を広げています。
本展ではPoemotionをテーマとして制作した過去の版画作品や、立体作品やポスター・書籍に加え、
本展に併せて企画・制作の蓄光インキを使用した新作の版画作品を展示します。
ぜひ御覧ください。

Takahiro Kurashima Exhibition at print gallery Tokyo, 2020

Takahiro Kurashima, 2019

Exhibition organized by:
print gallery Tokyo together with
Takahiro Kurashima

Litho prints and screen prints
created on the occasion of the exhibition printed by
kawalabo/Kawara Printmaking Laboratory

Takahiro Kurashima Exhibition at print gallery Tokyo, 2020

企画:
プリントギャラリー

企画協力:

倉嶌隆広
版画工房カワラボ!

リトグラフ・シルクスクリーン(新作版画)制作:
河原正広・平川幸江(版画工房カワラボ!)

Takahiro Kurashima Exhibition at print gallery Tokyo, 2020