Romano Hänni: it is bitter to leave your home, print gallery tokyo ロマノ・ヘニ:離郷のいたみ プリントギャラリー
↓ details

It is bitter to leave your home:
A true story depicted in typographic images
Romano Hänni

print gallery, two days exhibition
2017.10.7 Saturday and 8 Sunday
13:30 to 20:00

You are invited to the party and short lecture:
2017.10.7 Saturday
18:00–20:00

> past exhibition: Typo-Picture-BookTypographic-NotesOthers > info at RobundoQUOTATIONtype.centerTAB(en)
↓ 詳細

離郷のいたみ─
タイポグラフィック・イメージで描かれた現実
ロマノ・ヘニ

プリントギャラリー展示/販売
2017年10月7日(土) , 8日 (日) の2日間
開館時間:15:00 から 20:00 

オープニングと解説
2017年10月7日(土)
18:00 から 20:00

> info at RobundoQUOTATIONtype.centerTAB文字壹凛 > past exhibition: Typo Picture BookTypographic Note
Romano Hänni: it is bitter to leave your home. ロマノ・ヘニ:離郷のいたみ扉(英語)Romano Hänni: it is bitter to leave your home. ロマノ・ヘニ:離郷のいたみ, 序文(英語)

Romano Hänni (1956-) has created handprinted books by using
letterpress printing at his studio in Basel, Switzerland, alongside his work
as a graphic designer and typographer.
An exhibition will be held at print gallery Tokyo, to launch the publication of
his new book, "It is bitter to leave your home," based on the theme
of disaster of the nuclear power plants in Fukushima, Japan.

It is bitter to leave your home
A true story depicted in typographic images

size: 23.5 x 26.6 cm
page: 64 pages
Language: Japanese, English and German
Print: Letterpress printing, hand composed
Paper: Paper towels (household paper) from Migros supermarket
Concept, Writing, Composing, Printing, Binding, Publishing:
Romano Hänni, Büro für Gestaltung/Studio for Design
Japanese Types: Sasaki Katsuji, Tokyo

プリントギャラリーでは、2012年、2013年に続き
ロマノ・ヘニの新作展を開催します。

ロマノ・ヘニは、1956年にスイスのバーゼルに生まれ、4年間の植字工修養期間を
終えた後バーゼル・スクール・オブ・デザインでタイポグラフィ・グラフィックデザインを学ぶ。
1980年には自らのスタジオを設立。
アートバーゼル(1982年から96年)や建築美術館の他、日刊紙バーゼル新聞等のデザインを
長期にわたって担当するなどタイポグラファ・グラフィックデザイナーとして
幅広く活躍してきた。そうしたクライアントワークに加え、1984年以降は、
自身の印刷工房で活版印刷による本を制作し続けている。
スイスのタイポグラフィ誌TMに数多く寄稿、2度にわたって特集された。
---
本展示は、福島第一原発に於ける災禍を主題に、企画・執筆・日英独併記の組版・
印刷・製本までをすべて自身で制作した新刊〈離郷のいたみ〉の出版を記念した展覧会です。
同書の他、和文のテキストのみの小さな本、組版の為のスケッチ、校正刷、制作過程を
示すスライド等を展示・販売(またヘニが手がけた活版作品以外の書籍もいくつか販売予定です)。
入念に設計された鉛活字による組版やレイアウト・図像、そしてそこにめられ社会的なメッセージは、
1920年前後に制作されたエル・リシツキーやヴェルクマンによる本や雑誌(〈声のために〉
〈The next call〉)がタイポグラフィやデザインに担わせた「熱」のようなものを、
2017年の読者に再び想起させるのではないでしょうか。

離郷のいたみ
タイポグラフィック・イメージで描かれた現実

サイズ:23.5 x 26.6 cm
ページ:64ページ
言語:日・英・独 併記
印刷:活版印刷
本文用紙:スーパーマーケットMigrosのキッチンペーパー
企画・執筆・組版・印刷・製本・出版:
ロマノ・ヘニ Büro für Gestaltung/Studio for Design
和文活字:佐々木活字店
初号岩田ゴシック体、5号日活明朝体、
8ポ岩田細明朝体、6ポ岩田細明朝体、
12シセロ/144ポ岩田ゴシック体(初号清刷りからマグネシウム凸版)

翻訳・制作協力:
阿部宏史(プリントギャラリー)
小泉均・宇野智美/Typeshop_g

Exhibition organized by: Hiro Abe/print gallery , Romano Hänni/Büro für Gestaltung

Exhibition setting supperted by Takayuki Ichinose, Nerusa Yano
Thanks to: Hitoshi Koizumi, Tomomi Uno

Romano Hänni: it is bitter to leave your home. ロマノ・ヘニ:離郷のいたみ, 扉(ドイツ語) Romano Hänni: it is bitter to leave your home. ロマノ・ヘニ:離郷のいたみ, 序文(ドイツ語)

展示企画:阿部宏史(プリントギャラリー) 東京, ロマノ・ヘニ
設営協力:一瀬貴之, 矢野音里紗
協力:小泉均・宇野智美/typeshop_g

Romano Hänni: it is bitter to leave your home. ロマノ・ヘニ:離郷のいたみRomano Hänni: it is bitter to leave your home. ロマノ・ヘニ:離郷のいたみ

photo above: Takayuki Ichinose
photo bottom: Sachie Hirakawa

Romano Hänni: it is bitter to leave your home. ロマノ・ヘニ:離郷のいたみ

photo: Nerisa Yano