Nigel Oxley, My Father's War

Nigel Oxley Lecture
2019 10.20

↓ details

Nigel Oxley Printmaking Exhibition
My Father’s War

Exhibition and Talk
2019 10.14 Monday to 27 Sunday

13:30 to 20:00  Saturday /Sunday 
15:00 to 20:00  Monday / Friday
Closed on Tuesday / Wednesday /Thursday

Artist Talk and Reception
2019 10.20 Sunday
17:30 to around 19:00

↓ 詳細

ナイジェル・オクスレー版画展:
My Father’s War

プリントギャラリー展覧会とトークイベント
2019年10月14日(月) から 27日(日)まで

13:30 から 20:00  土日祝
15:00 から 20:00  月金
火水木 休み

Nigel Oxley ナイジェル・オクスレーによるトーク(解説)と レセプション;
2019年10月20日(日) 17:30–19:00を予定
10月12日(土)からの会期は、台風の影響で10月14日(日)からに変更、
レセプションの日程も10月20日(日)に延期されました


[同時開催 1] PRISM 11 TOKYO 版画展 /12ヶ国42名の版画展
2019年10月15日(火) から 31日(木)
INOAC銀座並木通りギャラリー

[同時開催 2] John Read 版画展
2019年10月15日(火) から 27日(日)
B-Gallerey(池袋)

Nigel Oxley, My Fataher’s War

Nigel Oxley ‘Kit Box’ from the series
‘My Fataher’s War’ 2018

Nigel Oxley worked at Kelpra Studio as master printer on many artists etchings/copper-plate printing such as Jim Dine, Barry Flanagan from towards the end of 1970s. He taught at Sir John Cass School of Art, London Metropolitan University. He continues to work and teach in his own printmaking studio in East Sussex. In 2012 he co-founded with long-term friend, John Read, PRISM Print International.

Fifteen prints exhibited at Print Gallery Tokyo are a response to his father’s experiences as a prisoner of war from 1942 to 1945 — stories the artist was never told directly, but discovered several years after his father’s death while sorting through his effects.

The processes include drypoint, polymer etching, solar plate etching, dremel engraving, and chine collee. Non standard materials were also prepared for planographic printing and hand applied colour and pochoir. All the plates/matrices were inked and then assembled on the bed of etching press in order to be printed as one with a single pass through the press.


Nigel Oxley:
about the works “My Father’s War”

In 1942 Oxley’s father, L/Sergeant Cecil(Bill)Oxley, Royal Artillery, was taken as a prisoner of war at the fall of Tobruk, Libya, North Africa. He was subsequently transported and imprisoned at P.G(Prisoner of War Camp)70, Fermo, Italy. The capitulation of Italy in 1943 resulted in all allied prisoners being cattle trucked to Germany. Thus he arrived at Stalag(Stammlager)IVB near Muhlberg by River Elbe. He spent the remainder of the war there, eventually being liberated by mounted Cossacks on April 23ed 1945.

In the winter of 1944 following the failed Warsaw uprising, those combatants still alive were captured and dispersed amongst the prisoner of war camps in Germany. One November morning Stalag IVB saw the arrival of long line of young woman captives sent to be held there temporarily until their uncertain fate would be decided Divided by barbed wire and overseen by armed guards, Ewa met Bill, and a brief, intense encounter ensued, to be ended when all the women were removed to other camps.

Thses events were discovered when, several years after his father’s death Oxley sorted through the boxes of his father’s effects. These relics, are of course a personal history, but also reveal the experience of those confronting conflict and imprisonment and through the creativity of human spirit, the attempts to build, and engage with, an environment beyond the hostility and brutality of incarceration.

The ‘Empire Theatre’ was built by P.O.Ws (prisoner of wars) within a disused hut, 47B, during 1944 and became a noted example of this ‘behind the wire’ activity. It was pivotal for Oxley’s father who became it’s ‘Make-Up’ man. His skill with Leichner grease paint and powder was not only evident in every production but was also called upon for several escape attempts.

Oxley’s fifteen prints represent nearly three years of work. The processes include drypoint, polymer etching, solar plate etching, dremel engraving, and chine collee. Non standard materials were also prepared for planographic printing and hand applied colour and pochoir. All the plates/matrices were inked and then assembled on the bed of etching press in order to be printed as one with a single pass through the press.

プリントギャラリーでは版画家・刷師であるナイジェル・オクスレー Nigel Oxley の版画展「My Fathaer’ War(父の戦争)」を開催します。 ナイジェル・オクスレーは1970年代後半からロンドンのケルプラ・スタジオ Kelpra Studioのマスタープリンター(刷師)としてジム・ダイン、バリー・フラナガン、エドゥアルド・パオロッツィなど多くのアーティストの銅版画制作を、作家と共同して手がけてきました。その後ロンドンのメトロポリタン大学の版画研究室で教鞭をとる他、イースト・サセックスに自身の工房を構え版画家としての活動を続けています。2012年に国境横断的な版画家の団体 Prism Print Internationalを友人であるジョン・リードとともに設立しました。

本展で展示されるMy Father’s Warと題される版画の15点の連作は、イギリス王立砲兵連隊の軍曹として第二次大戦に従軍しドイツ軍に捉えられた作家の亡き父の、捕虜となった過去の遺品がそのままモチーフとなっています。遺品によってはじめて明らかになった、生前語られることのなかった父の体験が、息子で版画家である作者によってはじめて版となり、紙面に定着/記録されたと言うこともできます。 ドライポイント・感光性樹脂凹版・樹脂凸版・雁皮刷等々、様々な版技法によって紙面に定着された、大変美しい仕上がりも見どころの一つです。是非ご高覧ください。

なお本展はINOAC銀座並木通りギャラリーにて10月15日(火)から31日(木)まで開催される、国境横断的な版画家の団体 ‘PRISM(Prism Print International)’の展覧会に伴っての展覧会となります。併せて御覧ください。


‘My Father’War’について
ナイジェル・オクスレー

ナイジェル・オクスレーの父であり、王立砲兵連隊の軍曹であったセシル(ビル)・オクスレーは、1942年、北アフリカ戦線のリビアのトブルク陥落に伴い、戦争捕虜となった。ビルはその後、イタリアのフェルモにある第70捕虜収容所へと移送・収容された。1943年、イタリアが降伏したことから、全ての連合国軍兵士の捕虜は家畜用貨物列車でドイツへと移送されることとなり、彼はミュールベルクのエルベ川近くにある基幹捕虜収容所IV-Bに収容された。コサック騎兵隊によってついに解放される1945年4月23日までの日々をその収容所で過ごしたのである。

1944年冬、失敗に終わったワルシャワ蜂起の生き残り戦闘員たちは捕らえられ、ドイツ各地の捕虜収容所に分散して収容された。11月のある朝、ビル・オクスレーのいる収容所に、処遇が決定されるまで一時的に収容される大勢の若い女性捕虜たちが移送されてきた。彼女たちとは有刺鉄線で隔てられており、しかも武装した警備員の監視の目が光る中で、ビルはエヴァと出会ったのである。この束の間の、熱情的な出会いは、彼女が別の捕虜収容所へ移送されると同時に幕を閉じた。

こうした出来事は、ビル・オクスレーの息子ナイジェルが、父親の死から数年後、遺品の入った箱を整理していた際に明らかになった事実である。これらの遺品は、もちろん故人の来歴を示す証拠の品ではあるのだが、一方では、戦争や捕虜収容所生活に直面した人々の体験、人間の精神の創造性によって、敵意であったり捕虜収容所での残虐性を乗り越えた環境を築き上げ、それに関わろうとする試みをも明らかにするものである。

「Empire Theatre(帝国劇場)」は、1944年に戦争捕虜たちが廃屋となっていた小屋47Bの中に作りあげた劇場であり、「収容所内」での活動の代表的な実例となった。オスクレーの父がその「メイクアップ」担当になったことは、彼にとって極めて重要な出来事であった。どうらんやおしろいを使った彼のメイク技術は、芝居の中で際立っていただけでなく、収容所からの脱走を試みる者からも、変装のためメークの依頼が寄せられた。

ナイジェル・オクスレーの15枚の版画は、3年にわたり制作された。その技法は、ドライポイント・感光性樹脂凹版・フォトエッチング・小型ドリルでのエングレービング・雁皮刷りなど。紙のみならず様々な素材に平板印刷・ステンシル孔版のほか、手彩色で着色することもあった。何色ものインクを塗り込んだ多数の版が、エッチングプレス機のベッド上で組まれ、一度に刷られている。

PRISM 11 TOKYO 版画展

Flyer: PRISM 11 TOKYO, Nigel Oxley exhibition and
John Read exhibition

Nigel Oxley, My Fataher’s War

Nigel Oxley ‘Look at me and remember me’
from the series ‘My Fataher’s War’ 2018

This exhibition is organized together by:
Prism Print International,
print gallery Tokyo,
Masahiro Kawara and Sachie Hirakawa from
kawalabo/Kawara Printmaking Laboratory,
Toshihiko Ikeda

Special thanks to
John Read and Nigel Oxley


PRISM 11 TOKYO Exhibition, Nigel Oxley Exhibition and
JohnRead Exhibition are supported by
British Council, INOAC Ginza Namikidori Gallery,
CLIFFORD CHANCE, Chance Multimedi

ロゴ_ブリティッシュ・カウンシル/British Council

Nigel Oxley, My Fataher’s War

Nigel Oxley ‘The Empire Theatre—Make up box’
from the series ‘My Fataher’s War’ 2018